減量と体重の停滞期

減量をしようと頑張っている人にとって一番つらいのは、体重がなかなか落ちない停滞期に入ったときです。

減量の停滞期になってしまった時には、どんなことをすればいいのでしょう。

停滞期は、減量をしている人の誰でも経験するものです。

停滞期を突破すれば、再び体重は順調に減りはじめると言われています。

停滞期になって、体重が一向に減らなくなるのは、減量をきちんと進めていれば普通に起きることです。

カロリーの少ない食事をしばらく続けて減量をしていると、少量の食事に体が慣れるように、人体は代謝を下げていきます。

停滞期におすすめなのがフルーツ酢です。

フルーツ酢に含まれるクエン酸とお酢の酢酸の2つの効果で脂肪や糖質をスムーズにエネルギーに変換して代謝をアップしてくれます。

停滞期の影響で、体重の減量が見られないという人は使って見るといいでしょう。

減量中の食事制限では、ビタミンやミネラルが不足しがちです。

果物を酢に漬けることで、酢だけでなく果物の成分をプラスすることができます。

酢は、食後のインスリン上昇を抑制する効果もありますので、血糖値を安定させることができます。

体質を改善し、体内の脂肪の蓄積を抑えるために、その時々の季節の果物でフルーツ酸をつくってください。

ぜひ体重の停滞期にフルーツ酢を活用して減量を成功させましょう。