作家の方はペンを持つだけで

毎日文字を追いかける作家の方は、ペンを片手にいつまでも書き続けます。


このような字を書く商売の人は、書きすぎたことにより腱鞘炎になる方がいるのだそうです。


パソコンのキーボードを入力し続けるなら分かりそうな気がするのですが、
ペンを手に持った状態で腱鞘炎になるとはちょっと考えにくいように思うのです。


誰しも小、中、高校においては、ある程度の勉強はしたと思います。


朝学校に行って夕方まで授業が続いた日があったとしても腱鞘炎になる生徒はいなかったと思うのです。


ペンを持って文字を書く動作については、
指の腱はほんの数ミリ程度しか動かないように思うのです。


という事は書き込む文字の量が私の想像しているよりもはるかに多いという事なのでしょうか?