近頃の看護師資格の合格する割合は?

国、市、県立の公立病院ではたらく看護師は、公務員(日本ではアメリカ型の公務員制度を採用しています)としてしごとをしているため、平均年収は593万円ぐらいになります。


公務員(日本ではアメリカ型の公務員制度を採用しています)看護師は給料の上がる割合も民間病院と比較してと高く、福利厚生(中には、個性的な制度や設備を備えている企業もあります)も充実したものです。


準看護師となると、看護師とくらべると平均年収が70万円ぐらい少ないです。


看護師になろうとする人がうける資格の国家試験は、1年に1度あるようです。


看護師が足りないことが問題となっている日本という国にとっては喜ばしいことに、近頃の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高い水準を維持しております。


看護師の国家試験は、大学入試のような落とす目的の試験ではなく、一定の水準をクリアできればパスすることができる試験です。


看護師が首尾よく転職するには、未来の自分のことを考えて早期に行動を開始しておくことが大事です。


それだけでなく、何がポイントであるかを道筋をつけておいた方がいいでしょう。