「ドルコスト平均法」とは?

「ドルコスト平均法」とは、毎月決められた額で通貨を長期的に買い付けていく方法のことをいいます。

上昇トレンドのときに効果的な方法です。


それはさておき、危険を分散する名案として、日本円を絡ませない取引きにも価値があります。

まあ、利益を確定するかどうかの判断は難しいと思うときもありますね。

相場が反転してプロフィットをとり損ねるのは大変です。


FX売買でプロフィットが出た場合には雑所得として確定申告が必要なことがありますから、認識しておいたほうがよいと思います。

為替の傾向を分析するためにトレンドラインを自分でチャート上に引く手段は、ときたま面倒な作業ですが、是非やってみてください。


あまり考慮せずにポジションをすぐに持ちたがのはギャンブルで、張り合いに勝てない投資家ですからダメです。

どんなテクニカル指標も弱点がありますから、1つの指標だけでレートを予想するのは厳しいです。

2つの指標を組み合わせて推定するのが最高の使用方法です。


中長期的な流れさえ計測することができれば、ファンダメンタルズ分析に挑戦するのは英断といえます。

できれば外為証拠金取引会社のデモトレードでさまざまな通貨で利益を出せるようになってから、本トレードを開始するのが普通です。