バリアブルの実現のための手法は、担当が理解できるやり方でしか、運用されないということです。

可変印刷とPODとしてのデジタル印刷機が、ほぼ定着したといっていいでしょう。


ヘビーユーザー用として数千万の機器があり、数百万の簡易的機器まで幅広い選択ができる時代になりました。


これらの印刷物の制作には、バリアブル技術・データベース技術・DTP・印刷技術と、幅広い知識と経験が、必要になっている。


しかるに、この領域を、技術として体系化はできていない。


個人の一部有能なものが、自己の能力で、開発している。

その数は、国内で数百人しかいない。


学習をするにあたり、バリアブルの実現のための手法は、使うソフトにより大いに違いがでる。


つまり、担当が理解できるやり方でしか、運用されないということです。