顧客のスピードアップ要求にそのフルデジタルの処理の要は、バリアブル印刷技術です

顧客のスピードアップ要求に
そのフルデジタルの処理の要は、バリアブル印刷技術です。


データをもらっても、また打ちかえる(ワープロで入力しなおし)様では、顧客から
見捨てられます。

(校正済なのに、なぜ違ったデータになるのか)。


そして、オンデマンド印刷の妙は、スピードです。


バリアブル処理もスピードです。


オーダーが入ってから、どう処理のデザインをするかによりスピードがかなり違ってきます。


自分自身の、体験ですが、
ユーザーマニュアルとおりに、実験したらDMはがきができました。


でも、4件処理するのに1分かかります。


そこから、工夫が始まります。

すこし変えたら結果は同じで時間が15秒になった。


串刺し演算をデータの順序かえで処理して負荷なくしたら、2.2秒で終わった。


これだと30万件の処理が、44時間で終わることになります。


これが、リブラでの自由度です。


工夫次第で、スピードが、100倍速くなります。


■デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。