化学物質

人類が新たに作り出した化学物質は20万種類といわれています。


これらはもともと自然界にはなかったものです。


しかも36億年の生物の歴史の上では、
100年位のほんの最近の出来事ですから、
生物はうまく対応できないわけです。


しかし、そうした化学物質はあらゆる分野で使われていて、
直接あるいは間接的に、
人類を始めあらゆる生物に働きかけて様々な影響を与えています。


農薬、食品添加物、薬品、化粧品、工業用品、家庭用品など、
およそ人間が作り出したすべての製品から溶け出しています。


これらはまとめて環境汚染物質などと呼ばれています。


荒木式のがん対策によると、
中でも体内でホルモンとして作用するので、
内分泋かく乱物質(環境ホルモン)と呼ばれているものもあります。


これらに影響されて、特に生殖機能に異常をきたし、
絶滅の危機に立たされている生物も沢山います。